バックナンバー

  • 2021/09/09 (Thu) 09:00
    東北活性研メールマガジン 第13号(2021年9月9日)
  • 2021/08/11 (Wed) 09:00
    東北活性研メールマガジン 第12号(2021年8月11日)
  • 2021/07/09 (Fri) 09:00
    東北活性研メールマガジン 第11号(2021年7月9日)
  • 2021/06/15 (Tue) 10:00
    東北活性研メールマガジン 臨時号(2021年6月15日)
  • 2021/06/09 (Wed) 09:00
    東北活性研メールマガジン 第10号(2021年6月9日)
  • 2021/05/14 (Fri) 09:00
    東北活性研メールマガジン 第9号(2021年5月14日)
  • 2021/04/09 (Fri) 09:00
    東北活性研メールマガジン 第8号(2021年4月9日)
  • 2021/03/09 (Tue) 09:27
    東北活性研メールマガジン 第7号(2021年3月9日)

東北活性研メールマガジン 第11号(2021年7月9日)

2021/07/09 (Fri) 09:00
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    
  東北活性研メールマガジン 第11号(2021年7月9日)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

┼─ 目次 ──────────────────────────────────

[1]街角景気:景気ウォッチャー調査結果(東北分:令和3年6月調査)

[2]【7月17日(土)開催】BizDev Meetup!キックオフイベントを開催します

[3]東北・新潟のキラぼしパーソン デュアルライフ東北編

[4]ここで働きたい!東北・新潟のキラ☆(ぼし)企業

[5]TOHOKUわくわくスクール

┼───────────────────────────────────────
…………………………………………………………………………………………………………
[1]街角景気:景気ウォッチャー調査結果(東北分:令和3年6月調査)
…………………………………………………………………………………………………………
◆令和3年7月8日に内閣府が公表した「景気ウォッチャー調査」において、東北活性研
 は東北6県(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)についてとりまとめました。

 ■現状判断(3か月前との比較を聞いています)
  現状判断DIは「46.9」と2か月連続で前月を上回った。
  前月と比較し+7.2ポイント上昇した。

  ●今月の特徴
   東北域内での新型コロナウイルス感染者数が落ち着いてきていることや
   首都圏等に出ていた緊急事態宣言が解除されたことに加え、65歳以上のワクチン接種が
   進んだことによる安心感が出てきたことで、徐々に人の動きが戻りDI値が上昇した。

  →特徴的なウォッチャーのコメント
   【良くなっている、変わらない、悪くなっているの順】
   https://www.kasseiken.jp/watcher/monthly/#watcher-03-1

 ■先行き判断(2~3か月先の見通し)
  先行き判断DIは「51.5」と3か月連続で前月を上回った。
  前月と比較し+3.9ポイント上昇した。

  ●今月の特徴
   多くのウォッチャーは新型コロナウイルスのワクチン接種が高齢者以外にも順調に進む
   ことで、景気が上向くことを期待している。
   しかし、その時期や程度は接種の進捗や感染者数の状況次第とみている。

  →特徴的なウォッチャーのコメント
   【良くなっている、変わらない、悪くなっているの順】
   https://www.kasseiken.jp/watcher/monthly/#watcher-03-2

◆景気ウォッチャー調査とは、いわゆる「街角景気」と呼ばれる景気を示す経済指標の
 ひとつであり、百貨店・スーパーマーケット・コンビニなどの小売店やレジャー業界で
 働く人、タクシー運転手、観光事業者など、景気に敏感な職種の約190名に月1回
 レビューいただき、景気動向を探ります。

◆調査期間 令和3年6月25日~30日:回答者数 174/189名、回答率 92.1%

◆DIとは、景気が「良い」と答えた人から「悪い」と答えた人を引いた割合であり、
 50が好不況の分かれ目とされています。

 
 ・本調査の全体レポートは、以下のURLをご参照ください。
  https://www.kasseiken.jp/watcher/monthly/

………………………………………………………………………………………………
[2]【7月17日(土)開催】BizDev Meetup!キックオフイベントを開催します
………………………………………………………………………………………………
◆BizDev Meetup!は、「オープンイノベーションで東北・新潟をもっとおもしろ
 く」のコンセプトのもと、「東北6県および新潟県(以下、東北圏)の企業と
 協働したい」「東北圏で新規事業を興したい」「東北圏をもっと元気にしたい」
 という熱意をお持ちの方に対して、出会いと学びの機会を提供するイベント型
 プログラムです。

 BizDev Meetup!のスタートを飾るキックオフイベントを、2021年7月17日(土)に
 開催いたします。

 キックオフイベントでは、東北圏で新規事業創出やプロジェクト支援等の実績があ
 る経営者3名をお招きし、「東北・新潟の可能性と未来」をテーマとしたトーク
 セッションやワークショップを通じて、オープンイノベーションに関する意識の
 醸成を図るとともに、東北圏に新規産業創出や人材育成のダイナミズムを喚起する
 きっかけを提供したいと考えております。

 イベントの様子はYouTubeLive で配信いたします。
 ご視聴を希望される方は、以下の特設サイトからお申し込みをお願いいたします。
 → https://bizdev-meetup.jp/kickoff
 
 当センターといたしましては、東北圏をカバーする広域性や産学官金の垣根を超え
 たネットワークを活かして本プログラムを推進し、多様な主体の交流を促進しなが
 ら東北圏における新たな成長産業の創出と地域の魅力・活力の向上を図って
 まいります。

・‥…━━━+.☆゜・‥…━━━+.☆゜・‥…━━━+.☆゜・‥…━━━+.☆゜

■BizDev Meetup!キックオフイベント概要

 日 時 2021年7月17日(土)14:00~16:30

 場 所 オンライン開催  
    
 概 要 「東北・新潟の可能性と未来」をテーマに、登壇者3名
     (ファシリテーター、ゲスト)によるトークセッションの後、参加者の
     意見も引き出しながら3つのキーワードを選定。
     その後、登壇者を含む3グループに別れ、各キーワードに関する意見交換
     を行い、東北圏の未来について可能性を探ります。 
  
 参加費 無料

 登壇者 ファシリテーター:JR東日本スタートアップ株式会社
              代表取締役社長 柴田 裕 氏
     ゲスト:株式会社エンライズコーポレーション
         代表取締役グループCEO 吾郷 克洋 氏
     ゲスト:株式会社スティーブアスタリスク
         代表取締役社長 太田 伸志 氏

■プログラム

 第1部 東北圏発のBizDev/トークセッション
     (14:00 ~ 14:45)
     登壇者より、東北圏との関わり方や事業展開について紹介いただいた後、
     それぞれが考える東北圏発のBizDevについてお話しいただきます。

 第2部 東北圏の未来について/ワークショップ(ワールドカフェ)
     (14:45 ~15:15)
     参加者の意見も引き出しながら、東北圏の未来をつくるために必要な
     もの・課題を洗い出します。
     登壇者と参加者の意見を集約し、キーワードを3つ選定します。

 第3部 キーワードについて可能性を探る/ワークショップ(グループワーク)
     (15:15 ~ 16:00)
     登壇者を含む3グループに分かれ、各キーワードに関する意見交換を
     行い、東北圏の未来について可能性を探ります。

 クロージング (16:00 ~ 16::30)
     グループごとのワーク結果発表、アンケート回答、まとめ等   

・‥…━━━+.☆゜・‥…━━━+.☆゜・‥…━━━+.☆゜・‥…━━━+.☆゜   


 イベントの概要は以下の特設サイトよりご確認ください。
 → https://bizdev-meetup.jp/kickoff


…………………………………………………………………………………………………………
[3]東北・新潟のキラぼしパーソン デュアルライフ東北編
…………………………………………………………………………………………………………
◆東北・新潟で自分らしく活動する輝く人たちをご紹介!

◆2021年度は「デュアルライフ東北編」
 東北圏においても自分の夢や理想とする仕事・暮らしを実現できることを広く若い世代に
 知っていただくため、2019年度より東北圏の様々な分野で挑戦し活躍する若者を取材し、
 ご紹介してきました。
 
 2021年度は、一般社団法人東北経済連合会が昨年度策定した「ポスト・コロナ5つの提言」
 の一つ、「デュアルライフ東北の実現」を踏まえ、東北圏と首都圏等の双方で暮らしや
 働きの場・機会を持つ人を中心に、紹介していきます。

 今回ご紹介するキラぼしパーソンはこのかたです

 ☆彡『リモートで実現したダブルワーク』(Time:4:15)
    都内のIT企業に勤める小山未紗さんは、2020年10月に地元の仙台市にUターンし、
    リモートワークで勤務しながら、趣味を生かして毛糸屋「itoshigoto」を仙台で
    オープンしました。
    平日昼間は会社員として東京や福岡のスタッフやクライアントとオンラインで
    打ち合わせし、夕方や週末には「itoshigoto」で編み物教室や商品づくりに励む
    働き方を楽しんでいます

    https://www.youtube.com/watch?v=QKSqd6heOQk


  今までのキラぼしパーソンの動画は以下をクリック!
  https://www.youtube.com/channel/UC4aVest_1Ti9AgbKRNQtLZQ/?sub_confirmation=1

…………………………………………………………………………………………………………
[4]ここで働きたい!東北・新潟のキラ☆(ぼし)企業
…………………………………………………………………………………………………………
◆東北6県および新潟県にはキラリと輝く素晴らしい企業がたくさんあることをご存じですか?

 当センターでは、東北大学の大滝名誉教授はじめ有識者の皆さまのお力をお借りして、
 東北・新潟に所在する選りすぐりの企業300社程度を「キラ☆企業」として選定し、
 その魅力を若手社員の皆さまの声を通じて情報発信しています。

 就職を控えた学生さんや首都圏で働く若い社会人など幅広い層に東北・新潟の企業の
 魅力を知っていただき、就職や転職を検討する際の参考にしてもらいたいとの思いから
 スタートした事業です。

 昨今では、新型コロナ禍の影響もあり、地方で働くことに関心をもつ若者が増えている
 との報道もございます。「キラ☆企業」の取組みが、こうした動きを後押しできるように
 なりたいと考えています。

 本メルマガでは、毎回「キラ☆企業」を何社かピックアップして皆さまに紹介していき
 ます。ぜひ「キラ☆企業」サイトにアクセスしてみてください。

 今月は、「東北圏の物流を支えるキラ☆企業」をテーマとして、「キラ☆企業」サイトの
 業種分類で「運輸・物流」に該当する以下の8社をご紹介します。


 ☆彡『「ヒト」に恵まれている環境に感謝』
    株式会社共同物流サービス(青森県八戸市)
    https://www.kira-boshi.jp/jointlogistics/

 ☆彡『充実の社員研修で入社後もスキルアップ!』
    八戸通運株式会社(青森県八戸市)
    https://www.kira-boshi.jp/hattsu/
 
 ☆彡『大切な荷物を届けることがやりがい』
    二葉運送株式会社(岩手県矢巾町)
    https://www.kira-boshi.jp/ginga/

 ☆彡『地元で、海外とつながる仕事を』
    三陸運輸株式会社(宮城県塩竈市)
    https://www.kira-boshi.jp/sanriku-unyu/

 ☆彡『業界未経験者も安心してスタート!』
    株式会社東北カーゴ(宮城県仙台市)
    https://www.kira-boshi.jp/t-cargo/

 ☆彡『経験を積んで、自分自身もスキルアップ!』
    能代運輸株式会社(秋田県能代市)
    https://www.kira-boshi.jp/noshirounyu/

 ☆彡『社会と人々をサポートする物流業界へ』
    第一貨物株式会社(山形県山形市)
    https://www.kira-boshi.jp/daiichi-kamotsu/

 ☆彡『地元・新潟のMIRAIを考えてUターン就職を選択』
    新潟運輸株式会社(新潟県新潟市)
    https://www.kira-boshi.jp/niigataunyu/

 
 ・詳細は、以下のURLをご参照ください。
  https://www.kira-boshi.jp/

…………………………………………………………………………………………………………
[5]TOHOKUわくわくスクール
…………………………………………………………………………………………………………
◆企業等による出前授業!

 小・中・高校生と様々な分野の企業等とを繋ぐ出前授業。
 学問の面白さ・楽しさに触れつつ、地元企業に触れることで、地域社会・産業の
 理解を深めると共に、将来の選択肢の参考としてもらうことを目的とします。

  今月のスクールレポートは以下の2校です。

 ○ 宮城県:仙台市立黒松小学校
   テーマ:地域食である「笹かまぼこ」の伝統・文化の継承      
   講 師:株式会社鐘崎
   https://www.kasseiken.jp/wakuwaku/report/report_20210610.html

 ○ 山形県:寒河江市立寒河江中部小学校
   テーマ:新聞の読み方について学ぼう
   講 師:株式会社山形新聞社
   https://www.kasseiken.jp/wakuwaku/report/report_20210608.html

 
 ・詳細は、以下のURLをご参照ください。
  https://www.kasseiken.jp/wakuwaku/


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
配信元:
公益財団法人東北活性化研究センター
〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央2-9-10セントレ東北ビル9階
URL:https://www.kasseiken.jp/
E-MAIL:kasseiken@kasseiken.jp
TEL:022-225-1426
FAX:022-225-0082
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
▼メルマガ登録はこちらから
メルマガ配信登録用URL
https://m.bmb.jp/bm/p/f/tf.php?id=kasseiken&task=regist
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
▼お問い合わせはこちらから
https://www.kasseiken.jp/inquiry/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今後、東北活性研からのご案内をご希望されない場合は、
大変お手数ですが
以下のURLより配信解除のお手続きをお願いいたします。

配信解除用URL
https://m.bmb.jp/bm/p/f/tf.php?id=kasseiken&task=cancel
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++